2022年01月09日

どうにも選択肢がない模様

MicrosoftIMEはフリーズかと思うくらいに動作が遅く、Google日本語入力はネットから拾ってきたらしき学習履歴でマトモに変換しない。
どこかに快適に動作して、頭おかしい変換しない日本語入力変換ソフトはないのか!?と探してみたんですけれども、そもそも日本語入力変換ソフト自体がほぼ存在しませんね?
残るは有料ソフトのATOKのみってどういうことなの…しかも月か年単位での利用券購入しかないのね……。普通に買い切りのパッケージタイプはないのか。絶対に需要はあると思うんだが、利用券タイプの方が稼げるもんな、無理だろうな…。

他に選択肢がないのならばATOK買ってもいいんですけど、個人的に年契約してもまったくもってメリットがないのが納得いかない。年間プラン買うなら、月間プランを一年通すよりも多少安くなるくらいのメリットはあってしかるべきなのでは?
ついでにいうと、プレミアムプランの付加機能にまったく利点を見いだせないので、買うならベーシックプランでしょうけど、月間プランしかないんだよなぁ…。まぁ、前述のように年間プランを買っても、一月分安くなるとかそういう利点はまったくないんですけど。

年間約4千円かぁ…Google 日本語入力のアホさ加減に付き合うのは正直うんざりなんですけれども、かと言って買うのもなぁ…。
だがしかし、【かといって】で【家と言って】とか変換されたり、【しょうねん】で【娼年】と変換されたり、【〜なのか】で【〜7日】とか変換されるのはな……地味に打ち直すの面倒くさいし、やる気そがれるし。やはりベーシックプランで利用権買うかな……
ちなみに言い訳しておくと、何も上記の誤変換の数々は私が妙な学習をさせたわけではなく、デフォでこういう変換になる。そして【ごへんかん】と入力すると、だいたい変換は【御返還】となる仕様。仮にも日本語入力と名のつくソフトなら、ちゃんと日本語を認識してくれませんかね……。文節とか文脈とかの認識力が低いよなぁ……。
ATOKも結構アレだけれど(デジタルメモ・ポメラからの経験)、Google日本語変換ほど頭おかしい変換はしないよ。
MicrosoftIMEが安定して動作してくれれば、わざわざ有料ソフトを入れずにそっちに戻すんだけれども、変換キー押すたびにフリーズしたのかと思うくらいに待たされ、そして大概入力がなかったことにされる。
パソコン自体が古いことに問題があるのかなぁ…流石に7年前に買ったやつだと対応しなくなってるのかしら。
posted by 篠宮雷歌 at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記